若い人においては、有名なスポーツ選手や格闘家が刺青やタトゥーをしていることから、それを真似てファッション感覚で入れるパターンも多いです。ただファッションとして、刺青やタトゥーをいれても、就職や結婚といった機会に一時的でも良いため消したいと考えている人もいたりします。

また公の場所では、集まってくる人が見たときに怖いというイメージを持たれるのを防ぐ意味においても一時的に刺青・タトゥーを除去せず隠す方法があります。それはテーピングを貼り付けておく方法です。

特にスポーツ選手においては、テーピングをしているのは筋肉痛を防いだり、怪我や捻挫等を防ぐためにテーピングを巻いているのだなと傍から見たら認識されることも多いです。またそうではなくても、人の肌の色に極めて近い色のタイプのテーピングが販売されていることもあるので、それを利用することで一時的に目立たなくなり隠す処置を施すことが可能です。

ただ幾らテーピングで刺青・タトゥーを除去せず隠すことが出来るといっても限界はあるかもしれません。刺青・タトゥーでもワンポイントマークにようなタイプにはテーピングを用いて隠しやすいと考えれます。

このページの先頭へ