若気の至りで入れてしまった刺青(タトゥー)は、ある程度の年齢に達すると恥ずかしく感じられることがあります。また、立場によっては隠さないといけないような状況に陥ることもあります。例えば、子どもができて子どもを介した友人との付き合いが出てきた時などです。

すぐに刺青(タトゥー)除去施術を行うことができないのなら、とりあえず、人前に出る時だけでも刺青(タトゥー)を隠すようにするといいかもしれません。その方法として無難なことはサポーターをつけることです。部位にもよりますが、足首や手首などなら専用のサポーターがドラッグストアや100円均一のお店などで手軽に手に入れることができるのでお勧めです。ケガをしているのかと周りには思われるかもしれませんが、見た目からあまりおかしく感じられることはないはずです。

また、サポーターのデザイン性も豊富となってきているので、用途に応じてデザイン性を楽しむこともできます。まずはサポーターを数枚、購入しておくといいかもしれません。

このページの先頭へ