麻酔はしてくれる?

施術の際に痛みタトゥー除去は、施術別に「レーザー治療」と「メスを使った治療」に分けられます。

切除術、剥削、皮膚移植などは、メスなどの皮膚を切除する器具を使用するため、手術前に麻酔をします。主に利用されているのが、局所麻酔です。局所麻酔は美容外科ではよく使われているもので、極細の針を使用した注射器によって麻酔薬を注入し、注射した部分周辺のみ、痛みを感じなくさせます。

どのような麻酔を使用するかはクリニックによって異なるので、カウンセリングでよく相談するようにしましょう。

タトゥー除去は痛い?

局所麻酔でタトゥー除去大抵の場合、タトゥー切除の前に局所麻酔が行われますが、タトゥーの周囲に何度も針を刺されるので、その痛みには耐えなければなりません。とはいえ、タトゥーを彫る時の痛みに比べると「痛くない」という声がほとんどです。

手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんが、もしも痛みを感じたら、すぐに医師に伝えましょう。

タトゥー除去の痛みは、麻酔が切れてからが本番だと思っておきましょう。抜糸が行われるのがだいたい1週間後ですが、それまでは痛みが続きます。ただし、痛みには個人差があります。「なんとなく違和感がある」程度の人もいれば、「仕事に行くのも辛い」と感じる方もいるようです。術後が辛い場合は、遠慮せずに担当医に相談しましょう。

一番痛くない施術法って?

最も痛みが少ないタトゥー除去方法は、レーザー治療でしょう。レーザーの種類、照射する部位、照射の出力によっても異なりますが、いずれにしろ、レーザー治療の痛みは「輪ゴムではじく程度」と表現されます。

医師の技術力や、麻酔の有無によっても痛みは異なります。

痛みが少ないとして口コミでも評判なのが、高須クリニックです。局所麻酔の前にも、針をさす際の痛みを軽減するクリーム麻酔を施したり、レーザー治療でもクリーム麻酔を施したりと、痛みにとことん配慮しているのが特徴です。痛みに弱い方は、痛みの少ない施術を推奨しているクリニックや、麻酔について徹底的に配慮しているクリニックを選びましょう。

>最適な麻酔を使用し、できるだけ痛みを軽くするようこだわっているクリニック

このページの先頭へ