剥削法の特徴とは

剥削での除去剥削法とは、タトゥーが入っている部分の皮膚表面を削ることで、タトゥーを消していく方法です。

シルバーナイフと呼ばれている専用の機器により、タトゥーが入れられた皮膚を丁寧に削っていきます。術中に色素の深さや大きさを確認しながら、それに合わせて切除することができるため、均一の深さでなくても対応が可能です。

一番のメリットは、広範囲でも一回の治療でタトゥーを取り除けることでしょう。切除術では、広範囲のものは複数回に分けて手術する必要がありますが、剥削法では一度の手術で全てのタトゥーを除去することが可能です。ぼかすように削っていくことで、タトゥーの形や色はわからなくなります。また、通常のレーザーでは反応しないようなカラーのタトゥーも除去することができます。

手術後はかすり傷のような状態になり、1か月ほどたつと火傷のような治療跡が残ります。3~6か月程度は赤みが続きますが、時間がたつにつれて目立たなくなります。

剥削法の治療の流れ

1 医師の診断により、剥削法に適した状態かを判断し、可能な場合はタトゥーに沿って剥削のデザインを行います。
2 局所麻酔などを施します。
3 専用の器具により、色素の深さを確認しながら皮膚を削っていきます。
4 患部は透明のシールで保護し、ガーゼで固定します。数日後にガーゼ交換も兼ねて、経過観察を行います。

剥削法のデメリット

剥削法の場合、どうしても傷跡は残ってしまいます。切除法のガラスで切ったような傷跡とは異なり、火傷跡のような状態です。1~3か月程度は患部をガーゼで固定しておく必要があり、赤みは3~6か月程度続きます。

また、一度の治療ですべての色素を取り除くことができないこともあり、その場合はレーザー除去を併用します。クリニックによって異なりますが、剥削+レーザー治療は1度の手術で済ませることが可能です。

跡が残るのはどうしようもないことですが、施術レベルによって目立ち方が変わってきます。できるだけ技術が高く、跡が目立たないようにしてくれるクリニックを選ぶことをおすすめします。

剥削法はこんな方におすすめ

タトゥーの範囲が広範囲の方
切除法では除去しきれない、広範囲の方に向いています。
できるだけ早くタトゥーを除去したい方
一度の治療でタトゥーを除去することができます。レーザーを併用することもありますが、その場合も1日で完了することができます。
1か月程度は安静を保てる方
患部には、1~3か月程度ガーゼを当てておかねばなりません。また、飲酒や激しい運動は出血などの原因になるので、医師の許可が出るまで禁止です。1か月程度は安静にできるという方に、より適しています。

>術後の跡を目立たなくする提案を行っているクリニックはコチラ

このページの先頭へ