切除・切開によるタトゥー除去とは

メスを使用し、皮膚を切開することでタトゥーを除去する方法を「切除術」「切除縫縮」といいます。

切除・切開での除去タトゥーが入っている皮膚を切除し、周囲の皮膚を縫い合わせることによってタトゥーを除去します。切除部分は一本の線になり、ガラスで切ったような跡に。タトゥーを皮膚ごと切除するため確実性の高い方法ではありますが、傷跡が残ります。

切除術による患部は、3~6ヶ月程度で赤みは取れ、6ヶ月~1年ほどでだいぶ目立たなくなります。

切除術には、1回の手術で全てを切除する「単純切除」と、複数回にわけて切除していく「分割切除」があります。なお、タトゥーの範囲が狭い場合は単純切除が適用できますが、範囲が広い場合は分割切除となります。

切除法の流れ

1 タトゥーが入っている範囲や形から切除が可能か判断し、最終的になるべく傷が目立たないような傷跡になるようデザインします。
2 笑気ガスや局所麻酔などを施します。
3 タトゥーをメスで切除し、止血を十分に行ってから、周囲の皮膚を寄せて縫合していきます。
4 縫合後は炎症を抑える薬を塗り、ガーゼでしっかり固定。
5 2~3日後にガーゼ交換とチェックを行います。
6 1週間後に抜糸。皮膚の緊張が強い場合には、2週間後に抜糸を行うこともあります。

切除術のデメリット

確実性の高い除去法ではあるのですが、傷跡は必ず残ります。縫合部は両側から強く引っ張られるような力がかかり、盲腸の手術や切り傷に比べると太い傷跡になると考えておかなければなりません。

広い範囲は分割切除が適用されますが、皮膚を切除して縫い縮める方法なので、背中全面といった広範囲にわたるタトゥーは適していません。ダウンタイム中は感染症のリスクもあるため、注意が必要です。

切除術はこんな方におすすめ

できるだけ早く消したい方
タトゥー自体を手術により切除するため、すぐに消すことができます。傷跡が落ち着くまでに半年以上はかかりますが、なるべく早くタトゥーを消したいという方には適しています。
タトゥーの大きさが小さめの方
切除して周囲の皮膚や脂肪を縫い合わせるため、なるべく小さめのタトゥーに限ります。大きな場合は分割で行われますが、それでも限度はあります。
赤や黄色など複数の色のタトゥーの方
最近では、赤や青などのカラーにも対応するレーザー治療が誕生していますが、一般的には、黒や濃い茶色以外のタトゥーはレーザー治療では消せないため、切除法が適用されます。

>最新機器を導入!高須クリニックのタトゥー除去技術を見る

このページの先頭へ