刺青を入れている人は、最近増えているのかもしれません、個人的には親からもらった体に傷をつけてえを書くなんていうのは明らかに反対ですが、そんなことを思ってかいろんな個人的な都合からか、刺青(タトゥー)除去を考える人もいるようですし、実際に刺青(タトゥー)除去をする方もいるようです。

ただし病気の治療ではないので、まず健康保険は対象外です。つまり刺青除去はすべて自己負担による治療と言うことになります。ということは、経済的にもかなりの負担になるとということになります。

刺青(タトゥー)除去を考えた時に、少なからず公開する人もいると思います。しかも、小さなファッション的な刺青で、なおかつ一色の簡単な物なら、10回くらいのレーザー照射でだいぶ除去できると言われていますが、何種類もの色の刺青であったり、広い面積に渡って刺青を刺していたりする場合は、皮膚移植でないと除去しきれないということもあるので、刺青(タトゥー)除去は大変な思いをするし、完全に消し去るには経済的にかなりの負担があるようです。

このページの先頭へ