タトゥーが入っていることで就職・転職にどんな影響がある?

就職・転職でのデメリット最近ではタトゥーに寛容な企業も増えてきましたが、まだまだ稀だと言えます。暴力団など反社会的な組織組員の多くが刺青を入れていることで、日本ではタトゥーへのイメージが「反社会的」なものとなっているためです。

企業は自社に反社会的な人間がいるとは思われたくないですから、面接で落とされる可能性は高く、入社できたとしても、一流であればあるほど解雇される可能性は高くなります。解雇とならずとも、それ相応の処分を受け、出世の道は閉ざされると思った方がいいでしょう。

衣服で隠しておけばいいと思っても、健康診断やゴルフなどの接待で目に触れる可能性は十分に考えられます。

タトゥーが原因で起こりうる就職へのデメリット

内定取り消しや、解雇の可能性がある
タトゥーは反社会的な印象が強いため、タトゥーを入れていることがわかったら決まった就職先の内定が取り消されたり、場合によっては解雇されたりするケースがあります。
就職先の選択肢が狭まる
タトゥーを受け入れてくれる企業が少ないことから、就職先の選択肢が狭まります。経営者がタトゥーをしている企業や、タトゥー関連の仕事、水商売などは寛容な場合が多いですが、一般的な企業への就職は難しいと言えます。
バレないよう、常に注意を払う必要がある
タトゥーのことを言わずに入社し、バレないようビクビクして過ごしているという方も少なくないそうです。夏場でも腕まくりができなかったり、健康診断を一人だけずらしてもらったりと、どうしても不審な行動をとってしまい、結果的にバレてしまうケースもあると言います。

安心して就職・転職したいのであれば、タトゥー除去を

広範囲にわたるタトゥーでも、クリニックで除去することができます。

タトゥーが入っていることで就職できない方、解雇された方、内定が取り消された方は、安心して就職・転職をするためにも、タトゥー除去を検討してみてはいかがでしょうか。

タトゥー除去の方法には何通りかの種類があり、タトゥーの色や大きさ・部位によって適切な施術法は異なります。実績が豊富なクリニックでカウンセリングを受けましょう。

傷跡を残さずキレイに除去したいのであれば、レーザー治療がおすすめです。

>傷跡が残らない!レーザーによるタトゥー除去について、詳しくはコチラ

ただし、レーザー治療はキレイになるまで時間がかかるので、傷跡が残ってもできるだけ早くタトゥーを除去したいという方は、一回で済む施術方法を検討してください。

>一回で完了!切除術によるタトゥー除去について、詳しくはコチラ 

このページの先頭へ